ポケットモンスター othersstory

何とも言えません。現実逃避の二次創作です。

第2話

ハラリッ

「ん?」
「あ…」

「ぎゃぁぁぁぁああああああああ!!!」

「ちょっバカ!声デケェよ!」
「いやぁぁぁぁぁあああああああ!!!!」
「俺が悪いように見えるだろ!やめろ!!やめろって…

 

  

パトカーが来た。
可愛い警察犬を連れた女性警察官にこってり絞られた。
下手な説明をするとどちらかが悪者になるので、私たちは兄弟だという設定になった。
そして、たまたまお風呂の時間が被ってしまったと説明。


「弟の裸見たくらいで騒ぐな!」
怒られるだけ怒られて2時間後に解放。

 

 

「その…ごめんなさい…」
「お前、風呂にどうやって入って来た?」

 

私が知りたい。

 

「いや、その…ゴニョゴニョ…」
「は?」

 

睨みつける目が怖いよぉ…

 

「すみませんでした…」
「あのなぁ…はぁ。お前、名前は?」
「明石結衣…です」
「俺は朔。立町 朔」
「たちまちさく?」
「…(ギラッ)」

 

聞き返しただけじゃんんんん…
睨まないでよぉ…
ーと、その時と扉が徐に開くー

 


「ぎゃぁぁぁぁああああああ!!!でたぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!!!!おばけぇぇぇええええええ!!!!!」

 


「おう、おかえり。どうだった?」
「な、な、なに普通に喋ってるの!?」
「はぁ?当たり前だろ?こいつは俺のポケモンなんだから」

 

は…はぁ!?

ん?…
ポケモン

 

ポケモン!?!?」
「なに驚いてんだ?」

 

まって…
ポケモンってあのポケモン
ボールに入れればポケットに入っちゃうあのモンスター?
でもでも、ポケモンといえばアニメやゲームの中に存在する生き物で、実際には存在しないはず!
でもでもでもでも、そう言わるとこのおばけにも見覚えが…

 

「ゴースト?」
「ああ。マクラっていうんだ。ゴーストのマクラ」

 

本物のポケモンー!?!?!?!?!?
じゃあ、さっきの警察官が連れてた警察犬って…
ガーディ!?
なに?
私、ポケモンの世界に迷い込んじゃったの!?
ドッキリか?どこかでカメラが狙ってるのか?
そうでなきゃ夢だ。
そうだ…夢だ。
これは夢なんだ!
いや、夢に違いない!!!!!

 

「なんで自分の頬っぺたつねってんの?」
「いえ…なにも…」

 

覚めない…(涙)

 

「で、お前何者だ?」
「えっ?」
ポケモンも見当たらねぇけど?」

 

ですよねぇ…
そうなりますよねぇ…

 

「えっと…私は…」
「一緒じゃねぇの?」
「えっと…その…」

 

んん…
感じる…この眼差し…
完全に怪しまれてる…
ここは正直に話すべきか?
いや、正直に話したところでこの子は信じてくれるのか?

 

「お前…」
「は、はい!?」


「迷子か?」


は?

 

「お前、迷子だろ!」
「あ、はい!迷子なんです!ポケモンともはぐれちゃって!えへへ…」
「いい歳こいて馬鹿だなぁ!」
「あ、あはははは…本当にね!ほんとに…」
「まあ、それなら仕方ないな。明日ポケモン探すの手伝ってやるよ。マクラは探し物すんの得意なんだ」
「あぁ…そうなんだ…あはは…」
「今日はここ貸してやるよ。疲れてるだろ?寝てていいぞ」

 

ファ!?!?
それってこのガキンチョと同じ部屋で…
同じ屋根の下で一夜を過ごすってこと!?!?!?!?!?
いやいやいやいや、彼氏いない歴22年の22歳が!?
無理無理無理無理…

 

「俺はちょっくら修行しに行くからゆっくりしてな!じゃあな!」

 

ー朔は部屋を飛び出したー



え?
あ、そうゆう…
はずかしぃぃぃぃいいいいい!!!!

なに!?変な意識しちゃったじゃん!!!!

とはいいつつ、
確かに眠いし…
寝たらこの夢も覚めるかな?
覚めたら覚めたで寂しいけど、所詮は夢だし…
覚めたら怒られるんだろうなぁ
まあ、いつものことだけど
なんで私ってこうなんだろ…
このまま夢が覚めなければいいのに、いっそここで…

 

-翌朝-

 

おい
「ん…んん…」
おい起きろよ
「ウフ…ウフフふ…」
マクラ、頼む
「あは、あはははは!あははははは!やめ、やめて!こちょばい!」

 

私はマクラのこちょばしで目が覚めた。
特に違和感は感じなかった。
なぜか不思議と、この夢のような現実を受け入れてしまっていた。

 

「さ…く?」
「何寝ぼけてんだよ?ほら、行くぞ」

 

こうして、私の夢のような現実の日々が幕を開けたのだった。

第1話


ポケモンのバトルBGMをかけてください)

『さあ!勝負も大詰め!伝説のポケモンカプ・テテフ〟を操るモブー選手に対し!ユイ選手が繰り出す最後の一体は!?』
-ユイはリザードンを繰り出した-
『おぉっと!!ユイ選手!ここに来て切り札のリザードンを繰り出した!!果たしてどうなる!?』
-モブーのカプ・テテフムーンフォース-
ムーンフォース決まったぁぁああ!!これは強烈なあたり!リザードンは!?』
リザードンの残りHP2/3
『耐えている!!伝説のポケモンの攻撃さえもろともしない!!!』
-リザードンは龍の舞を使った-
『ここでリザードンは龍の舞!!そして…』
-リザードンメガリザードンXにメガ進化した-
『メガ進化だぁぁぁああ!!!』
-メガリザードンXフレアドライブ-
フレアドライブゥゥウウ!!カプ・テテフもこれには耐えられない!!』
-モブーはガブリアスを繰り出した-
『モブー選手はガブリアスを繰り出した!!すかさずユイ選手のメガリザードンXげきりん〟だぁ!!!』
-相手のガブリアスきあいのタスキで持ち堪えた-


「え…え!?え!?タスキ!?うそぉ…」

 


どうも。初めまして。
明石結衣(あかし ゆい)と申します。
東京都在住の22歳。
身長は158cm。
体重とスリーサイズは…

ご想像にお任せします。
顔は…
自分では「そこまで酷くはない」と思ってる…
親元を離れ早5年。
東京のなんでもない大学を卒業し、教員のコネでなんでもない会社に就職。
現在、社会の厳しさに全力で打ち拉がれております。
今日は貴重な休日。
20過ぎの若者の私はまだまだ不平不満が止みませんので、こうして趣味に没頭しているわけです。が…

 

 

「はぁ…マジ糞ゲ…」

 

負けるとガックシするしかないのです。

 

 

休日の翌朝というのは鬱なもので、ゲームのし過ぎで朝から晩まで家を出ず夜更かしした上に

 


「あ、牛乳買うの忘れてた…」

 


なんてことが多々あるわけで、
とりあえず最低限の準備をして会社に向かうも電車という箱に詰め込まれ、人としての何かがポロポロポロポロ落ちていくのを目の当たりにしながら、それすら気づかないふりで今日も死んだ魚の眼になる訳です。
会社に着いたら着いたで

 


「明石!!!!!」

 


といきなり呼び出されクドクドクドクドお説教。
しかも、そのミス私じゃないし。
それでも、そんなことを言うと余計に怒られるのでとりあえず


「すいません…」


とは言っても心は晴れず、今日の天気は曇りのち雨。

 


「こんな事じゃ、日隅の奴も泣くぞ」

 


いや、彼なら大爆笑だ。
日隅というのは私か通っていた大学の教授で、空想科学のスペシャリストである。
日隅教授は父の知り合いで、13の時に父が行方不明になってからずっと面倒を見てくれている。


「すみませんでした」
とりあえず謝る。

 

 

そんなこんなしていると昼になり、都会暮らしのOLである私はオシャレなカフェ…なんて事はなく近所のコンビニ弁当で空腹を満たす。

 


「あーあ、いっそここから消えてしまいたい」

 


なんて小言を漏らしながら近所の公園でボッチ飯。

ポツッ


「あれ?」

 

ポツッ

 

「あれれ?」


ポツ…ザーッ


「え…ちょ…ちょ!」

 


あえなくびしょ濡れになりながら雨宿りした古い駄菓子屋。


「すみませーん。どなたかいらっしゃいますか?」


無反応。


「すみませーん。傘をお借りしたいんですが…」
ゴトンッ!


ー奥の方で物音がするー
え…今なんか音したよね…

ー奥に扉が見える。入っみますか?ー

ーはい←いいえー
扉の向こうには特に何もなく、端の方に猫がいた。音は、猫が写真立てを落としちゃっただけのようだった。

 

「なんだ…」


ー写真立てをひrー


「ん?」


ー結衣は何かにシャツを掴まれ、突如現れた金色に輝く輪っかに吸い込まれたー

 

「え?ぎゃぁぁぁぁあああああ…

 

 

 

 

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


ああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」


ドンッ!


痛い…
22年生きて来てこれほどまでに綺麗な尻餅をついたのは初めてだ。
そして、これほどまでに何もない山奥に来たのも初めてだ。
そしてそして、目の前に…
《キュフ?》


「ぎゃぁぁぁぁああああああああ…


《キュッ!?》

 

ー今度は金色の輪に投げ入れられたー


ああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」


バシャーン!!!

 

水しぶきが上がる。
痛い…
水に落ちるってこんなに痛いのかということを22年生きて来て初めて知った。
そして、さっきの生物は何なんだ…
そしてそして、あったかいお湯に浸かる私、頭が泡だらけな全裸の少年がこっちを見ている。
この状況は何なんだ…


「お、お前…こんなところで何してる…?」
「さぁ…」


ハラリッ…

「ん?」

「あ…」
「ぎゃぁぁぁぁああああああああ!!!!」


続く

初めまして

初めまして。主です。

 

思い切って始めてしまいましたが、ここは主の現実逃避の世界です。

え?「主ってだれ?」って?

ああ、なるほど。

自己紹介ですね。

僕は…

 

「とある時代のとある場所に生きるポケモン大好き20代の男でございます!!!!」

 

さてはて、僕の自己紹介はこれ以外に言うことがありません。

え?「なんか隠してるんじゃないか?」って?

実は…

 

本当に何もありませんのです…

何もない。と言うより、これ以上必要ないのです。

 

このブログでは主の現実逃避が作り上げた一つの物語が進んで行きます。

この時点でお察しかとは思いますが、ポケモンの二次創作の類です。

なので、誹謗中傷等は受け付けておりません。

気分を害してしまった時はスッと読むのをやめてください。

自己満です。(株式会社ポケモン様へ、自己満です。妄想を文字にして自分の頭で綺麗な映像として再生したいだけなんです。どうか、どうか書かせてください。)

ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

 

さあ、初めての投稿が長くなるのも冗長なのでこの一言だけ言わせてください。

 

「ようこそ。ポケットモンスターの世界へ」