現実からの逃避旅行

何とも言えません。現実逃避の二次創作です。

ジムリーダーの日常 第1話 前編

どうも。初めまして!ヨヅキです!
インヨウ地方でジムリーダーをやってます!
え、インヨウ地方が何処かって?
インヨウ地方っていうのは、ポケモン協会の本部から北へ南へ西東。世界地図の隅っこの方にある小さな地方でございます。
そんな小さな地方の中にある小さな町。
ウスキネタウン。
ここが僕の住む町。
さてはて、ジムリーダーとはなんぞや!?ということに関してですが。
ジムリーダーとは、各地方の「ポケモン協会」から選出あるいは任命され、各地方にあるジムでポケモントレーナーさん達の実力向上のお手伝いをする人たちのことです。
有名な人としては、カントー地方のグリーンさんやホウエン地方のセンリさん、シンオウ地方のデンジさんあたりでしょうか?
そして、多くのジムリーダーはそれぞれエキスパートタイプを持っています。
先にあげたセンリさんはノーマルタイプ。デンジさんはでんきタイプ。グリーンさんはマルチに使用しますが…
ちなみに僕のエキスパートタイプは「あくタイプ」。
これ、結構珍しいことなんですね。
大きな地方には一人もいないそうです。
まあ、説明はこれくらいでいいかな?
それでは、「ジムリーダーの日常」始まりです。

 

OP「絵画教室」
ASIAN KUNG-FU GENERATION

 

ジムリーダーの朝のお仕事、それはジムの前の掃き掃除。
「ふぁぁあ」
早朝の空は、清々しいほどに碧いです。
こんなにも碧いと、箒を動かす手も止まってしまいます。
「あら、ヨヅキちゃん!今日も早いのね」
通りがかったおばあさんが声をかけてくれました。
町の人々とコミュニケーションをとる。これもジムリーダーの立派なお仕事です。
「あ、イナリのばっちゃん。おはようございます。朝からジョギングなんて精が出ますね」
「何言ってんだい!年齢に負けたくないババアの醜い足掻きだよ」
イナリのばっちゃんは、ウスキネタウンのお母さんの様な人で町の人からも慕われている近所のおばあさんです。
「ところで、最近はどうなんだい?」
「ん?まあ、いつも通り平和ですよ。この町は」
「そんな事じゃないよ!バカだね!いい歳したジムリーダーが浮いた話の一つや二つもないなんて本当に呆れるよ」
「は、はあ…」
イナリのばっちゃんは浮いた話が大好きです。
「そうだ!あたしの友達のお孫さんがちょうどあんたくらいの歳なのよ!」
「いや、僕はそういうの結構ですので…」
「んもぉ、情けない!ほら!手が止まってるわよ!次は写真持ってきてあげるからね!」
そう言って走り去る彼女は、まるで嵐の様です。
なんて思っていると
「おう!ジムの兄ちゃん!」
「あ、トキマサの大将」
トキマサの大将はご飯屋さんの大将さんです。
僕もよくお世話になっています。
「最近どうだい?」
「あいも変わらず平和ですよ」
「そうかいうかい。そりゃいいこったな。時に兄ちゃん、今週はジムリーダー集会だろ?」
ジムリーダーには月に一度町の近況を報告し合うジムリーダー集会という集まりがあります。
「そうですね。それがどうかしましたか?」
「いや、その…マヒルちゃんの…」
「マヒルって、あのホコドメシティのジムリーダーですか?」
「そうだよ!あのマヒルちゃんだよ!」
マヒルというのは、ぼくの同期ジムリーダーでかくとうタイプのエキスパートです。
「できればでいいんだ!兄ちゃん!マヒルちゃんのサインを…」
服を掴みながら懇願されると断りにくいことこの上ないですよね。
「ま…まあ、一応聞いてみます」
「ほんとか!?ありがとよ!いやぁ、いやな!倅がな!どうしても欲しいってんだよ!」
この人はなんで純粋なんだろう。
そんな感心をしていると大将の後ろに黒い影が現れました。
「でも、あんた。そんなものどこに隠すってのよ?」
「そりゃおめぇ、俺様のお気にいりコーナー…に…」
大将も気づいたようで、恐る恐る振り返ります
「か…母ちゃん!?」
「あんたには私がいるでしょ!!」
そう。影の正体は大将の奥さんのトキマサの女将さんだったのです。
いつからいたのか、女将さんブチ切れてます。
アニメで言うとぼくの目の前は灰色のもくもくが出来てて、たまに大将と奥さんの顔や手が見え隠れしている様な感じです。
「ほんとごめんねぇ、うちのがだらしないお願いしちゃって」
一通り悶着が治ると女将さんはいつもの優しい女将さんに戻りました。
トボトボ歩く大将がさっきより小さく見えるのは、きっと遠のいて行ってるからだと信じてます。
「いえいえ。そうやって慕ってくれる人が居るというのは同期として嬉しい限りですから」
「そうかい?ありがとね。ところでヨヅキちゃん。この前頼んでたアサヒ様のサイン、よろしくね」
「はい…一応言っときます」
「じゃ、よろしくね!」
この町は今日も平和です。

 

さて、朝の掃除が終わるとジムも少しずつ動き始めます。
「ヨヅキさん!おはようございます!」
「ワシオくん。おはよう」
「おはようございます。ヨヅキさん」
「コトメちゃん。おはよう」
ワシオくんとコトメちゃんはこのジムのジムトレーナーさんです。
ジムトレーナーというのはジムの運営をお手伝いしてくれている一般トレーナーさん達のことです。
一般トレーナーといっても、各ジムリーダーの認めたトレーナーさんですから、みんな相当な実力者です。
「ヨヅキさん、早速挑戦者が来てますよ」
さっきも言ったように僕らジムリーダーの仕事はポケモントレーナーさんたちの実力向上のお手伝い。
一般トレーナーの人たちは「挑戦者」として「ジムリーダー」にバトルを申し込み、そのバトルの内容によってジムリーダーから「ジムバッジ」を貰い受けることができるのです。
「た、たのもー!!」
その声を聞いて僕の相棒のブラッキーが勢いよく走って来ました。
やる気満々の証です。
「よろしくね。さて、今バッジは幾つ持ってるのかな?」
「ふ、2つ!」
「なら、僕は3体で相手をするね」
「お、おす!」
緊張感が初々しい挑戦者さん。
この人たちの成長の糧になるお仕事。
それがジムリーダー。
「それじゃ、バトルスタートだ!!」

詩方夜行〜あとがき〜

どうもどうもー。

改めまして主です。

 

2作目?なんか、ポエムっぽくなったけど気にしない気にしない。

前作のあとがきでポケモン書きたいって言ってたんですが、バトルの描写に詰まってて…

僕自身があくタイプしか使わないのでそれ以外の戦い方がわからんのです…

どなたかご教授を…(切実)

 

さてはて、「詩方夜行」ですが、

「詩方」とかいて「うたかた」と読んでください。

水面にフラフラと浮かび上がるような、パッと弾けて消えてしまうような。

そんなセンチメンタルを抱えた男が歩く夜のお話です。

何があるわけでもなく、何かなくなるわけでもない。

そんな夜はみんなあるんだろうなと思います。

とりあえず、歩く。

それが前でも後ろでも。

それでいいんだと思うんです。

彼(作中の僕)が歩いてる道が暗くても、その先にはきっと何かあるんだとおもいます。

先が光だろうと闇だろうと、歩くことに意味があるんじゃないかなって。

 

まあ、そんなおセンチな僕が書いたおセンチな作品です。

読んでくれた人に何かを受け取っていただけたなら僕はそれで構いません。

ま、これからも温かく見守ってくださいな。笑

詩方夜行

何度目だろう?この虚しい夜を迎えるのは。
何もない。
ただすれ違うだけの人たち。
ぼやけた街をただ眺めるだけの時間。
希望(ひかり)のない夜。
僕はその日、洗濯をしに街のコインランドリーに座っていた。
行き交う人々は異世界のそれを感じさせるほど個性的で、ただ眺めているだけで時間が過ぎた。
洗濯が終わると、洗ったものを乾燥機に入れ僕はラーメン屋に向かった。
特別美味しくはなかった。でも、期待よりは美味しかった。
ラーメン屋から戻りタバコを吸い終えた頃、ちょうど乾燥が終わった。
21:00
これから仕事だ。
ただ体を動かし続け、時間が過ぎるのをひたすらに待つ。
そんな仕事だ。
僕は、どこで間違ったんだろう?
小学生だった頃の僕には口が裂けても言えないような未来だ。
とりあえず、洗濯物をたたんでコインランドリーを出る。
ドンッと何かがぶつかった。
しかし、何事もなかったように世界は進む。
駅に向かい電車に乗る。なんてことない時間。何も起こらない日常。

かつてのバンド仲間は言った
「音楽やめるなんてもったいない」。
恩師が言った
「役者を続けなさい」。
かつての行きつけの居酒屋の大将が言った
「お前なら大丈夫だ」。
バイト先の先輩が言った
「道具向いてるよ」
亡くなった母が言った
「あなたなら、ひょっとするとひょっとするかもね」

そのどれもが、今の僕にはもったいない。
その言葉たちに見合う男になる為に僕は何をすればいい?
そんなことを考えながら夜道を進む。
この一歩一歩が。いつか希望(ひかり)で溢れる道に続くことを祈って。
僕は今日も前に進もうとするんだろう。

綺麗な月が見える夜〜あとがき〜

読んでいただきありがとうございます。

主でございます。

「綺麗な月が見える夜」いかがでしたでしょうか?

私自身こう言う書き物をするのは初めてですので色々ご指摘いただけると嬉しいです…

あまり、強く言われすぎると泣いちゃいますけどね…

 

さて、このお話は私の実体験と妄想を組み合わせて書いております。

ほら、そこ!きもいとか言わない!

いやぁ、実体験があったとしても書き物にするのは難しいですね。

ちなみに、作中唯一名前が出てくる長島ですが、一応仮名にしてますが実在します。

こいつと遊び半分で夢小説の話をしてたらどうしても書きたくなってしまって、今回の作品を書いたのです!!

そして、

実はこのお話には終わりがありません。

男が彼女に出会っただけでございます。

続きは皆さんで考えてみてください。

作者であるぼくとしては、この続きがあって、またその続きがあって欲しいと願うのですが…まあ、それは皆さまにお任せしようかな?と。

(書きたくないとか、書くのがめんどくさいとか、アイディアが浮かばないとかそう言うことではない)

きっとこの二人の物語は何通りにも分かれてて、何通りもの終着点がある気がするのです。

 

ではでは、駄文を出しすぎると読者が伸びなさそうなのでこれくらいにしときますかな。

 

このブログはぼくの気ままに書いて行くのでどのタイミングでどんな物語を書くかは予想もできませんが、できれば次は、大好きなポケモンの話を書こうかと思っています。

 

では。

今後も末長くよろしくお願いいたします!

綺麗な月が見える夜


ぼくが彼女と初めて出会ったのは、
夜勤明けの憂鬱で塗り固められたモノクロームの午後のことでした。

---------------------------

「お疲れ様でしたー」

世界は不条理だ。
どこかの誰かは「願い続ければ夢は叶う」なんていうけど、実際はそんなことはなくて。
22にもなったぼくは、今日も時給のアルバイトで夜を明かした。
(このまま給料受け取りの時間までネカフェにでも行くか)
そんなことを思いながら現場を出た。
「今日給料もらいに行こ」
長島が言った。
長島はバイト仲間で、半年前に入った1歳年下の男だ。
ぼくらのバイトはイベント設営やトラックの積み込みや積み降ろしの人材派遣。
力作業な上に忙しい月と暇な月の差が激しいから人出は不足していて、ほとんどの現場でこいつと顔を合わせることになっていた。
「あ、お前も行く?」
「うん。でも、寝たいんだよな」
「帰って寝たら夜まで起きれないコースだぞ?」
「だよなぁ」
「お前もネカフェ行くか?」
「それが得策だな」
そう言って、ぼくらは電車に乗り込んだ。
街が少しずつ動き始めているのがわかる。
駅に止まるたびに人が入ってくる。
決して満員ではないのがせめてもの救いだった。
気怠い空気が、疲れた体にさらなる憂鬱を運び込んだ。
そして、ぼくらはネカフェに着くと深い眠りに落ちた。

ここは、どこだ?
暗い。
ほとんど何も見えない。
『ねぇ』
暗闇から声がする。
女性の声だ。
『ねぇ、君』
後ろを振り返るがそこには誰もいない。
『こっち!で、そのあとがあっち』
ん?なんの話だ?
『あれも、これも、あっちのも!』
誰の声だ?
聞き覚えはない。が、なぜか心地の良い声に聞こえた。
『なんの話?君は誰?どこにいるの?』
見えない声の主に聞く
『うふふっ』
『ねぇ!どこにいるの?』
『うふふっ。こっちだよ!』

「ねぇ!」

あれ?

「どうした?」

隣の部屋で寝ていた長島が、覗き込んでいる。

「あ、いや。なんでもない」
「びっくりした。なんでもないなら呼ぶなよなー。気持ちよく寝てたのに」
「あぁ…悪い」

なんだ…夢か。
携帯を開いて時間を確認する。
11:30
なんだ、まだこんな時間か。もう一眠りできるな。
そう思って携帯を閉じようとした時、通知音がなった。
-新たな募集がでています-
それは以前カラオケやポケモン仲間が近くに欲しくて登録した出会い系のようなサイトで何度か活用したことがある。
「まあ、昼から暇だし…」
と、募集を見ていると1つのトピックに目がついた。
-今日のお昼から絶叫乗りませんか?-
絶叫か。
久しく乗ってない。
1番新しい記憶でも小学校以来か?
久しぶりに乗りたいな。
そんな興味でその投稿にメッセージを送ってみた。
-初めまして。こちらは22歳男性です。久しぶりに乗ってみたいです。ご一緒して良いですか?-

まあ、なるようになるだろ。
そう思ってゲームを開く。
ポロンッ♪
-初めまして!大丈夫です!なかなか見つからなくて困ってたんですよぉー-
なんか…可愛いな…
-なら、よろしくお願いします。しかし、お昼の時間からは少し遅れるかもしれませんがよろしいでしょうか?-
ポロンッ♪
-大丈夫ですよー!じゃあ、近所のスタバ前で待ち合わせでいいですか?-
早いな…よほど行きたかったのか?
-了解です。では、後ほ…
ん?待てよ?
給料取りに行けるのは13時からだ。
現場終わりで風呂にも入ってない。
体は真っ黒、汗で脂ギッシュな髪の毛。着替えの服もない…
時間がないぞ…
-了解です。あと、本当に申し訳ないのですが夕方くらいになっても構いませんか?仕事終わりでお風呂はいってなくて…-
ポロンッ♪
-構いませんよ!では夕方にさっき決めた場所で!-
よし。
取り敢えず出来ることはやった。
ぼくはすぐに派遣の事務所に電話し長島と共に給料を取りに行った。
そこからはほんとにダッシュだ。
駅のホームまで駆け上がり、落ち着きを取り戻した電車に乗って自宅まで走った。
風呂に入り、着替えをし、車に飛び乗る。
が…

「どうしよ…進まない…」
軽い渋滞にハマった。
時間のないぼくに、渋滞の苛立ちが容赦なく降り注ぐ。
「くっそ…早く進めよ!」
そんなことを言っても進まないのが渋滞である。
そんなこんなで数十分。
待ち合わせまでの時間は残り10分。
無理だ…
ポロンッ♪
-到着しました!-
やばい!!
-すみません…もう少しかかりそうです…-
-大丈夫ですよ!時間潰しときますね!-
ぼくはアクセルを踏んだ。
踏み込んだ。
駐車場まで出来る限りの速度で走った。
ようやく駐車場を見つけ、待ち合わせまで走る。
-すみません!着きました!-
店の前であらかじめ聞いていた特徴の人物を探してみる。
「ヨヅキさんですか?」
全然違うところから声がした。
「はい!」
振り向くと、そこには彼女が立っていた。
笑っている。
その笑顔に、揺れる髪に、少しずつ色が加わる。
それは、漫画のカラーページのような鮮やかさで、彼女はまるでその漫画のヒロインのようだった。
「あ、あの、たくさん時間変更してしまい、その上遅刻ですいませんでした!」
「大丈夫ですよ。では、行きましょう!!」
ゲートをくぐり、久しぶりに訪れたテーマパークは驚きの連続だった。
知らない間に昔乗ったことのあるアトラクションは無くなっていて、新しいアトラクションがあったり。
昔好きだった映画がテーマになったアトラクションもあったり。
ぼくの胸を躍らせるのには十分すぎるほどの変化があった。

「そういえば…おいくつですか?」
「ぼくですか?ぼくは22歳です。でも、早生まれなんで学年的には23歳と同じ学年です」
「え?じゃあ、タメじゃないですか?私今23です!」
「じゃあ、社会人一年目ですか?」
「はい!」
彼女は明るく答える。
その柔らかい声は、どこか聞き覚えのある声だった。
ぼくらは待ち時間の間ずっと話していた。
お互いのことを少しずつ。
聞いたり、聞かれたり。
好きな漫画の好きなキャラが被っていたり、彼女の好きな映画やぼくの好きなゲーム。
学生時代のことや昔の部活のこと。
今の職業のこと。
そして、ようやく僕らの乗車の番が回って来た。
「これ乗ってみたかったんですよね…」
「楽しいですよ。うふふっ」
スタッフに見送られて、マシーンは発車する。
レールをゆっくりと登る音が、ぼくの期待と興奮を示した。
そして、頂上に着…
「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!」


「どうでした?」
彼女はいたずらな笑顔で聞いた。
「楽しかったです!でも、ぼくどうしてもダメなものがあって…」
「なんですか?」
「虫がダメなんです。さっきの途中で蜘蛛が出て来て…あの間だけ目瞑っちゃいました…」
「そうなんですか!?」
彼女の無邪気な笑顔はぼくの心の柔らかい部分を突き刺した。
うぅ…情けないぞ…
しかし、ここでセンチメンタルになってはせっかくの遊びが台無しになる。気を取り直して
「次はどこ行きますか?」
そう聞くと
「こっち!で、そのあとがあっち!」
ぼくは彼女の背中を追いかける。
それは全く苦を感じさせない。
ふわりとする空気で、その中に芯を感じた。
彼女の声には温もりがあって、柔らかく。その空気はぼくを優しく包み込んだ。
「あ、結構並んでますね。先に何か食べますか?」
彼女の提案に乗り、ぼくらは食べ物屋を探した。
「私、前から食べたいと思ってた物があるんですけど…お肉好きですか?」
「お!じゃあ、そこ行きましょう!肉大好きです!」
ぼくらは肉屋さんに向かった。
そこの肉は骨つきでとてもボリュームがあった。
陽の落ちてきた時間に肉にがっつく彼女を見ているのはとてもシュールだ。
「あんまり見ないでください…」
恥ずかしそうに言う彼女に(これも乙なものだ)などと思ったが、初めて会う彼女の頼みに断るわけにもいかない。
「すみません」
そう言って、出来る限りの見つめないように努力した。
「そういえば、次に乗るのはどんなアトラクションなんですか?」
彼女は肉を頬張りながら答える。
「恐竜になるんです!」
目を輝かせてジェスチャーまじりに説明してくれる彼女が言うには
飛竜になって、遊園地内を滑空する
のだそうだ。
「で、この肉!恐竜の肉を模してるんです!!」
一層目が輝く彼女をぼくは直視できなかった。

待ち時間、ぼくらは肉と格闘した。
骨やら筋やら軟骨やら。
どこまでが食べられる肉で、どこまでが食べられない肉なのかが見分けられなかった。
「ビールが欲しくなっちゃいますね!」
と笑う彼女だが、ぼくは大の下戸。
お酒はてんでダメなのだ。
肉の味は正直覚えていない。
美味しかったのか、大したことなかったのか。
そんなことはもはやぼくにとってどうでも良かったのだ。
ぼくが食べ終わると彼女がウェットティッシュを出してくれた。
彼女はまだまだ格闘中だ。
そして、彼女が食べ終わった頃に僕らの順番が来た。
座席に座り、安全レバーを下ろし、座席が傾き、ゆっくりと上昇する。
頂上に近づく音は、興奮を隠すのに都合よかった。
そして、ついに頂上につ…
「ぎゃぁぁぁぁああああああああ!!!!!!!」
ここで彼女と話している時間がもう少しで終わることを告げるように、空は紅から青黒くなっていた。

ものすごいGから解放された僕らは、少し足取りが重かった。
地球のGが軽すぎるのだ。
「楽しかったですね!」
彼女の笑顔が眩しい。
「楽しかったです!次はどうしますか?」
「あれも、これも、あっちのも!でも、時間なさそう…」
確かに。
ぼくらが絶叫している間に目の前の景色は変わっていた。
暗くなり、月が見えていたのだ。
「とりあえず、ここにしましょう!待ち時間少ないし!」
そう彼女が指差したのは宇宙をモチーフにしたアトラクションだった。
「はい!これはどんな内容なんですか?」
「弱ってる太陽を助けるんです!」
「弱ってる太陽ですか!それは大変だ!太陽がないと月が見えなくなっちゃう!」
「月、好きなんですか?」
彼女は少し笑いながら言う。
「はい。月ってなんか良くないですか?ブラッキーが好きな理由も月なんです」
ブラッキーが好きなんですか?!ぽい!!」
そんな会話をしていると、順番はすぐに回ってきた。
そして例のごとく…
「ふぉぉぉぉぉおおおおおおおお!!!!!!!」

夜も更けて、あたりは真っ暗になった。
まだ居たい気持ちに鞭を打って出口へ足を進める。
彼女は乗りたかったアトラクションに乗れなかったことがとても残念そうで、ぼくは申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
ご飯を食べて帰るか迷ったが、お互いさっきの肉がまだ残っていてお腹が空いていなかったため、帰ることにした。
駅まで彼女を見送る。
「今度は今日乗れなかったやつ乗りましょうね」
「うん!絶対乗ろう!」
彼女はそう言うと駅の中に消えていった。

夜の星空の下。
ぼくは車に向かって歩いていた。
楽しかったなぁ…
いい人だったなぁ…
一緒に行く相手、ぼくなんかで楽しかったかな…
また会えるかな?…
なんか…幸せだったな。
ぼくは車に乗り込みエンジンをかけて家路につく。
途中、コンビニで飲み物を買いタバコを吸った。
今日の出来事が煙の中にフラッシュバックする。
煙は空へと流れて行く。
「今日は月が綺麗だな」

初めまして

初めまして。主です。

 

思い切って始めてしまいましたが、ここは主の現実逃避の世界です。

え?「主ってだれ?」って?

ああ、なるほど。

自己紹介ですね。

僕は…

 

「とある時代のとある場所に生きるポケモン大好き20代の男でございます!!!!」

 

さてはて、僕の自己紹介はこれ以外に言うことがありません。

え?「なんか隠してるんじゃないか?」って?

実は…

 

本当に何もありませんのです…

何もない。と言うより、これ以上必要ないのです。

 

このブログでは主の現実逃避が作り上げた物語が進んで行きます。

この時点でお察しかとは思いますが、二次創作の類です。

なので、誹謗中傷等は受け付けておりません。

気分を害してしまった時はスッと読むのをやめてください。

自己満です。

ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

 

さあ、初めての投稿が長くなるのも冗長なのでこの辺で…

ドロン!!